英ブリストルで落書きされたバンクシーの壁画
Banksy

【Banksy】バンクシーがバレンタインデーに新作【パチンコで遊ぶ少女と赤い花】を発表

■バレンタインデー前日の早朝にバンクシーの地元ブリストルで新作が見つかりました。

■クリスマスやイベント、政治的出来事の節目に作品を発表することが多いバンクシーですが、今回バンクシーがコンクリート住宅の壁に描いたのはパチンコを放つ少女と空中で散る赤い薔薇でした。

» こちらの記事もどうぞ
【Banksy】新作に落書きされて喜ぶバンクシーの本音

バンクシーがバレンタインデーに新作
【パチンコで遊ぶ少女と壁に散る赤い花】を発表

バンクシーのインスタグラムへの投稿

公式インスタグラムに投稿されたこの作品に、本人によるコメントはありませんでした。

第一発見者のはなし

@bristolliv, new banksy in bristol this morning?

第一発見者の地元の男性ジェームス・ブロックさんは、バンクシーが作品を投稿するより先にTwitterで写真を投稿し、こうつぶやいています。

今朝、ブリストル で バンクシー の新作?

半信半疑のジェームズさんに、メディアが写真の使用許可を求めたところ

james bullock, discovered banksy valentine's girl and  flowers in bristol

もちろん。今朝6時20分頃、ガールフレンドと2人でジムへ向かう途中、足場に上る人たちがいたんだ。

おかしいと思って彼女と今朝、もう一度そこを歩いて通ったんだよ!!

ジェームス・ブロックさんによると、現場には複数の人がいたようですね。

バンクシーが女の子のステンシルをスプレーで描き、別の数人で壁に薔薇を設置したのでしょうか。

この投稿を見た各メディアは、バンクシーの作品である可能性が高いとしてブロックさんの写真を拡散。

その日一日沈黙を貫いたバンクシーが、自身のインスタグラムに作品を投稿したのは、現地時間の日付が変わった2月14日深夜のことでした。

» あわせて読みたい
【Banksy】新作に落書きされて喜ぶバンクシーの気持ち

バンクシーのバレンタインデー新作【パチンコで遊ぶ少女と壁に散る赤い花】ディテール

バンクシーのパチンコで遊ぶ少女と赤い花(ブリストル) from Banksy Instagram
出典:Banksy Instagram パチンコで遊ぶ少女と赤い花

作品の全体像

今回の作品は、2008年にバンクシー自らの操作によりオークション会場でシュレッダーにかけられた《赤い風船と少女》と似た構図をしています。

少女が撃ったパチンコが空飛ぶ赤い風船に命中した瞬間をキャッチしたかのようにも見えます。

もしくは、少女が赤い薔薇をパチンコで空中に撃ち放ったと見る方が自然かもしれません。

バンクシーのバレンタインデー新作【パチンコで遊ぶ少女と壁に散る赤い花】

バレンタインの赤い薔薇

また、バンクシーが公開した写真では、郵便ポストの赤とポールの赤、壁の赤い薔薇がほぼ同一線上、または対角線上に並び、Marsh Laineと書かれた標識にも赤い花が添えられていました。

立体的な赤い花は造花でできていて、欧州のバレンタインデーに男性から女性へ贈られる赤い薔薇をイメージさせます。

鮮血のような印象さえ与えるインパクトの強い作品です。

バンクシーがブリストルの壁に描いたバレンタインデーの赤い薔薇
バンクシーの赤い花

スカーフの少女

頭にスカーフを巻いた少女が空に向かってパチンコを放つ姿は、ハートを射止める愛のキューピットといったところでしょうか。

ピースサインの形をした少女の右手指は、いったい何を意味しているのでしょう。

バンクシーがブリストルに描いたピースサインの少女

日本でピースサインと呼ばれるジェスチャーは、欧米では勝利・反戦・平和のシンボル。「Victory(勝利)」を意味する「V」の形をつくるため日本でも「Vサイン」と呼んだりしますね。

さらに由来を調べると、14世紀イギリス軍の血生臭い歴史に行きつきます。(興味がある人は調べてみて下さい!)

ロンドンで民衆に向かってVサインをするウインストンチャーチル
1945年5月8日、ヨーロッパ戦勝記念日
ロンドン市民にVサインを掲げるウィンストン・チャーチル

キューピットの矢の先に、バンクシーの挑発と少女の未来があるのかもしれません。

バンクシーのバレンタインデー新作の場所はどこ?

【バンクシーのバレンタイン作品所在地
1 Marsh Ln Redfield【Bristol】


バレンタインの作品が見つかったのは、 バンクシーの出身地でイギリス南西部の港町、ブリストルのバートンヒル地区にあるマーシュレイン通り。

【住所】1 Marsh Ln Redfield Bristol

【バンクシーの出身地】ブリストルとは


バンクシーが生まれ育ったとされるブリストルは、マッシブアタックやトリッキー、DJ シャドウ等に代表されるトリップホップの発祥地として知られています。

ブリストルには今回の作品の他にも、バンクシーのステンシルがいくつか残されており、ブリストル美術館にはバンクシーが寄付した彫刻が展示されています。

ロンドンからは電車で1時間45分ほどなので、 興味がある方は現地まで行ってみてはいかがでしょうか。

また、毎年8月には30年以上の歴史を誇るヨーロッパ最大の熱気球イベント:バルーンフェスタ《 Bristol International Balloon Fiesta 》が開催されますよ。

» Bristolのホテルを見る

» 海外旅行はJTB!Web限定商品など、海外ツアー検索・予約が可能

おわりに

Banksy Love Welcomes
出典: Love Welcomes

バンクシーは以前からシリアやパレスチナの難民を支援してきました。

昨年は、バンクシー自らが立ち上げたオンラインショップ Gross Domestic Product で、ギリシャの難民キャンプの女性たちLove Welcomes によるハンドメイドのドアマット Welcome mat を販売しました。

収益はすべて、シリア難民のための語学レッスン、コンピュータートレーニング、弁護士とのミーティングや食料の購入のための交通費等にあてられます。

この作品の赤い薔薇は、バンクシーからギリシャで(または世界中で)難民として暮らす少女たちへの愛の贈り物だったのかもしれません。

» こちらの記事もどうぞ
【Banksy shop】バンクシーのオンラインショップ 作品解説と当選者発表【Gross Domestic Product】

gypsycats

Paris Diary written by gypsycats from Paris France フランスとパリとアートを愛しています。アートやファッション、小旅行など様々なことを綴ります。

Related Posts