Banksy未分類

【バンクシー盗難事件】バンクシーを盗んだギャングはTシャツブランド「BL1.D」のクリエーターだった【バタクランの非常扉】

パリで盗まれた「バンクシーの扉」がイタリアの農家で見つかったらしいね。

その後、作品はどうなったの❓

犯人は、結局誰だったの❓

そんな疑問にこたえます。

◾️ストリートアーティスト・バンクシーの盗まれた作品「悲しげな少女」は、2015年パリ同時多発テロ犠牲者への追悼として、コンサートホール「バタクラン」の非常扉に描かれました。

◾️バンクシーの扉が盗まれてから1年半後、イタリアの農家で「扉」を発見。

◾️フランス北東部イゼール(Isère)で盗まれたグラインダーとおしゃべりな容疑者とは?

◾️逮捕された男はバンクシーから影響を受けたTシャツブランドのクリエーターだった。

>> 合わせて読みたい:
パリのバタクランで盗まれたバンクシーの作品をイタリア農家で発見

スポンサーリンク

【バンクシー盗難事件】バタクランの非常扉

【バンクシー盗難】パリで盗まれたバタクランの非常扉
▲2018年筆者撮影 バンクシー バタクラン劇場の非常扉

盗まれた【バンクシーの扉】とは

2019年1月25日~26日午前4時ごろフードをかぶりマスクをした3人組が、「バタクランの扉」をグラインダーで切断して持ち去りました。

盗まれたのはただの扉ではありません。

2015年11月13日、パリのコンサートホール「バタクラン」で、90人の命が失われました。

2018年6月にパリを訪れたバンクシーは、コンサートホール「バタクラン」の黒い扉にたたずむ悲しげな人物を描きます。

作品はその後「The sad young girl(悲しげな少女)」と呼ばれるようになりました。

パリとパリ郊外サン=ドニで、合計130人の死者を出した同時多発テロ。

扉に描かれたバンクシーのステンシルは、その時殺された90人への追悼作品でした。

» バンクシー本人による作品集”Wall and Piece”【日本語版】 はこちらです。

created by Rinker
¥3,080 (2020/09/20 13:13:10時点 Amazon調べ-詳細)

【警察の捜査】シトロエンを追跡して盗聴

banksy "sad girl" on bataclan's fire door
▲2018年筆者撮影 バンクシー バタクラン劇場の非常扉

監視カメラの映像によると、犯人たちはわずか数分で扉を切断。

3人の泥棒はナンバープレートを隠したシトロエンのバンに「バンクシーの扉」をつみこんで逃走しました。

警察は、逃走したシトロエンを監視カメラで追跡して、盗聴器をしかけます。

それから1年後、イゼール県のDIYショップにて3人の男を強盗容疑で逮捕しました。

» こちらの記事もどうぞ:
【Banksy Paris】パリでバンクシーのネズミが盗まれた【カメラがとらえた衝撃映像】

盗まれたグラインダー

バタクランでバンクシーの扉が盗まれる数日前に、実は別の盗難事件がありました。

当時、盗まれたものの一つが「グラインダー」でした。

しかも容疑者の一人は、パリで盗難事件に参加したと自慢していました。

警察は盗聴と監視により「バンクシーの扉」を盗んだ3人の男を特定。

捜査員は「バンクシーの扉」がイゼール、次に南フランス、そしてイタリアへ旅したことを知ります。

監視カメラと盗聴器により、新たな事実が浮かび上がりました。

>> こちらの記事もよく読まれています:
【パリで盗まれたバンクシーのネズミ】犯人はバンクシーから指示されたと供述【バンクシーが否定】

バタクランからイタリアへ

Banksy Bataclan Paris 2018
▲2018年筆者撮影 バンクシー バタクラン劇場の非常扉

イタリアに着いたバンクシーの扉は最初、アブルッツォ地方(Abruzzes)のトルトレト(Tortoreto)のホテルに保管されていました。

その後、扉はホテルから約15キロ離れたサント・オメロ(Sant’Omero)の農場に移送されます。

盗品を受け取ったホテルのオーナーの知人、メフディ・メフタ(Mehdi Meftah)は大きな包みの中に何が入っているのか知らないと主張。

しかし捜査員は一味全員を逮捕しました。

created by Rinker
¥2,000 (2020/09/20 21:29:04時点 Amazon調べ-詳細)

【バンクシー盗難事件】バンクシーを盗んだギャングは「BL1.D」のクリエーターだった

バンクシーの扉を盗んだギャングはクリエーターだった

捜査は新型コロナウイルスによる「ロックダウン」のために一時中断。

その後6月10日、イタリア警察と合同でイタリアの農家からバンクシーの扉を押収。

それから数日後、フランスで9人を逮捕。

「組織化されたギャングによる盗難容疑」で2人が起訴・収監され、メフディ・メフタら4人は「盗難隠蔽罪」で起訴されました。

スポンサーリンク

首謀者は「BL1.D」のクリエーターMehdi Meftah

「BL1.D」のクリエーターMehdi Meftah

盗難を首謀した容疑で逮捕された男、メフディ・メフタ(Mehdi Meftah)はリヨン郊外育ちの39歳。

ボクサーのような体格で、腕にはタトゥーが入っています。

男は、ネックラインに18金プレートをぬいつけた高級Tシャツブランド「BL1.D」のクリエイターでもあります。

容疑者は「バンクシーが移民について制作した作品やその活動をリスペクトし、影響を受けた」と過去のインタビューで公表。

自身がプロデュースするTシャツには、「バンクシー がバスキアからインスパイアされた王冠」をゴールドに刻印して縫い付けていました。

>> こちらの記事もどうぞ
【Banksy Map】パリのバンクシ-マップと作品解説10選【2020年最新】

高級Tシャツブランド「BL1.D」とは

「BL1.D」は2019年、メフディ・メフタがフランスで設立したストリートウェアブランド。

アーバンカルチャーやHip Hopラップカルチャーに特化したブランドで、Tシャツ一枚一枚に18Kゴールドプレートが縫い付けられています。

2020年秋冬「メンズファッションウィーク」では、モンテーニュ通りの車道でファッションショーを開催して周囲を驚かせました。

「BL1.D」のクリエーターMehdi Meftah

» バンクシー監督ドキュメンタリー”イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ(日本語字幕版)”はこちらです。

転売は難しい

「モナリザを転売するようなもの」

今回のバンクシーの作品のように、盗まれたことで世界的に有名になってしまったストリート作品を転売するのはとても難しいといいます。

弁護士によると「BL1.D」のクリエイター、メフディ・メフタは首謀者としての役割に反論。

古い知人を助けるためにこの「扉」を受け入れたと主張し、「自分は一銭も受け取っていない」とメディアの取材に断言しています。

スポンサーリンク

最後に

パリのコンサートホール「バタクラン」
▲パリのコンサートホール「バタクラン」筆者撮影

いかがでしたか。

容疑者が否認しているということで腑に落ちない感じですが、バンクシーの扉「悲しげな少女」はすでにイタリア当局からフランスに引き渡されました。

現在は、パリの司法警察敷地内で厳重に管理されています。

バンクシーの扉「悲しげな少女」が、一刻も早く作品が描かれた「バタクランの非常口」に戻ってくるといいですね。

今回は以上になります。

» こちらの動画もどうぞ:
アムステルダムのバンクシー展【Banksy unofficial exhibition in Amsterdam】

▲【Banksy Amsterdam Moco Museum】アムステルダムのバンクシー展へ行ってきた【バンクシー】Banksy unofficial exhibition in Amsterdam

» ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。↓

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

gypsycats

Paris Diary written by gypsycats from Paris France フランスとパリとアートを愛しています。アートやファッション、小旅行など様々なことを綴ります。

Related Posts